もぎたて生スムージー置き換えダイエットリバウンドしない方法!

もぎたて生スムージーに置き換えるだけで栄養はしっかりと摂れて大幅カロリーダウン、少しずつ体重を落としていくことを期待できます。

ただし、その結果を長期間維持し続けていくことができなければ、ダイエットの成功とはいえません。

置き換えダイエットは誰でも簡単に開始をすることができますが、リバウンドをしないためにはいくつか気をつけなければならないことがあるのです。

もぎたて生スムージーのおすすめの点

もぎたて生スムージーは、ストロベリーやブルーベリーなどの10種類のミックスベリーがベースとなっていて、水や牛乳などに溶かしてすぐに飲むことができる粉末状のダイエットドリンクです。

水に溶かせば1杯分のカロリーはたったの17kcalですが、その中には豊富な食物繊維やビタミン類、328種類を超える野菜や果物から抽出した酵素エキスが含まれています。

腸内環境を整えてお腹に溜まった余計なものの排出を促し、酵素の働きで消化や吸収を手助けするといった痩せるための働きをサポートするのはもちろん、美容面もしっかりとケアできるのが魅力です。

プランタゴオバタ配合で腹持ちもいい

プランタゴオバタオオバコ科の植物で、水分が含まれると膨れる性質があります。

粉末状のもぎたて生スムージーを溶かして飲むと、お腹の中で膨張して空腹感を紛らわせることができますので、置き換えダイエットを続けやすいというのが嬉しいメリットです。

もぎたて生スムージーの置き換えダイエットは1日1食分から始める

いくら成分面で優れていて腹持ちもいいもぎたて生スムージーとはいえ、これのみの摂取ではエネルギー面でも栄養面でも不足をしてしまいます。

置き換えダイエットを行う場合には、決して無理をせずに1食分から開始するのがリバウンドをさせないコツです。

摂取カロリーが1日の必要分よりも低くなりすぎると、身体はそれに順応をして少ないエネルギーで効率よく働こうとし、摂り入れたエネルギーを無駄なく使うために溜め込もうとするようになります。

その結果、たくさん食べていないのに何故か太ってしまう、代謝効率の悪い身体に変化してしまうというのが問題で、リバウンドしやすくなる原因にもなるのです。

たった1食分の置き換えであっても、一般的な食事内容であれば800kcal前後は節約をすることができます。

効果は十分ですし、最低限活動に必要なエネルギーを確保をしつつカロリーを抑えていくことが、置き換えダイエットのポイントです。

置き換えダイエットなら朝食か夕食がおすすめ

もぎたて生スムージーの朝食の置き換えであれば、何かと慌しい時間帯にサッと摂取することができますし、もぎたて生スムージーの豊富な栄養が1日の活動のサポートをしてくれるため、気軽に挑戦することが可能です。

また、1日の内で食事量もカロリーももっとも多く摂取しがちな夕食時に置き換えれば、1回で大幅なカロリーダウンを見込めます。無理をせずに、なおかつ高い効果を期待するのであれば夕食時の置き換えがおすすめです。

置き換えをしながら運動も取り入れる

ただ置き換えて摂取カロリーを減らすだけではなく、痩せるためには消費カロリーも増やしていかなければなりません。

リバウンドを防止し、代謝効率をアップさせるためには運動習慣を身につけることが大切です。

  • ウォーキング
  • ジョギング
  • エクササイズ
  • 筋トレ

いろいろありますが、大切なのは継続して行うことになりますので激しい運動は必要ありません。

いずれも毎日30分ほど続けられるものを見つけて、習慣化させるようにしましょう。

もぎたて生スムージーの仕上げに少しずつ通常食に戻せばOK

置き換えダイエットに成功をした後、すぐに通常食に戻してあっという間にリバウンドしてしまうケースが少なくありません。

もぎたて生スムージーを使って目標を達成したら、毎日行っていた置き換えを2日に1回、3日に1回と減らして様子見していきましょう。

最後まで決して気を緩めることなく、体重キープを心がけることが成功の鍵を握ります。

もぎたて生スムージー